蝶ネクタイの男性

実際に自毛植毛を体験した方の声とは

日本皮膚科学会が作成している男性型脱毛症診療ガイドラインでは、薄毛の治療法を様々な角度から検証して、治療を行う医師に向け推奨出来る治療法と危険性のある治療法をAからDの段階で表しています。最も推奨されるAランクの次にあたるB判定を受けているという治療法は薄毛治療を目指す方にとっては気になるところではないでしょうか。
皮膚科学会でも推奨されているB判定を受けた治療法包とは、自毛植毛です。自毛植毛は頭皮にメスを入れたり、特殊な器具によって穴を開けて髪の毛を移植する手法です。皮膚科学会から推奨されているとはいえ、大がかりな手術になるためすぐには自毛植毛を決意できない方がほとんどだと思います。そこで、実際に自毛植毛を受けたことがある方の声をまとめてみました。
自毛植毛を受ける際に気になるのは痛みではないでしょうか。実際に手術を受けた方は麻酔の効果もあり、全く痛みも感じなかったと言った方が大半です。しかし、中には麻酔が切れた後は違和感があったり、傷口が痛んだと言った声もあります。また、術後に出血をした経験がある方もいますが、出血経験がある方はごくわずかです。
自毛植毛を受けた際、周りの反応はどうだったか、それが最も気になるところではないでしょうか。自毛植毛は自分の毛を利用するため、植毛に気がつかれない自然な仕上がりになったと喜んでいる方の声が多く、自毛植毛経験者の多くが満足できる結果を得ています。