蝶ネクタイの男性

自毛植毛なら遅すぎる事はありません

薄毛の人にとって、抜け毛を防ぐというのはとても大事な事だと思います。ですが、いくら抜け毛を防いでも、髪の毛が生えて来ないのでは意味がありません。それではいつかは髪の毛が無くなってしまいますからね。
毛根から髪の毛の生える回数というのは大体決まっています。ですので、あまりにも抜け毛の酷い人は既にその回数を変えてしまっている場合が多いです。そうなってしまうと、その後いくら効果抜群の育毛剤を使っても意味はありません。すでに髪の毛を生やす為の細胞は使命を終え死んでしまっている可能性があるからです。
では、そういった人はもうどうやっても薄毛が改善しないのかというとそうでもありません。どうすれば良いのかというと、自毛植毛です。簡単に言えば自分の健康な細胞を自分の頭皮に植え込むのです。自分の細胞ですので拒絶反応もおき難く、また髪の毛が生えてくる確率が非常に高いです。しかも後頭部や側頭部の毛乳頭細胞は抜け毛の原因の一つであるジヒドロテストステロンの影響を受けませんので、植毛後に再びジヒドロテストステロンによる抜け毛に悩む事もありません。
自毛植毛は費用が高額になるというデメリットがありますが、育毛剤とは違い髪の毛が生えてくる可能性が非常に高い上に、高齢になっても効果を得られるものです。本気で髪を生やしたい、そう思っている人にはとてもオススメです。